岐阜県在住です。夫婦の記録を綴っていきたいです。

弟のバリ島挙式に出席してきました

前回の続き。

s-m0214.hatenablog.com

 

弟がバリ島で海外挙式を挙げたので出席してきました。服装はゆるいんですね。アロハに短パンです。僕の父親はアロハにチノパン、母親と嫁はムームーでした。

 

挙式が始まる

f:id:s-m0214:20161127171354j:plain

お花の花道です。バリ島はお花が豊富です。

 

 

f:id:s-m0214:20161127171359j:plain

挙式参加者はこんな感じ。堅苦しくなくて良いですね。

 

 

 

f:id:s-m0214:20161127171404j:plain

新郎(弟)、新婦(義妹)が入場してきました。新婦のドレスもシンプルなものです。

 

 

f:id:s-m0214:20161127171411j:plain

バリっぽい挙式風景。黒い服装のお姉さんは、アヤナリゾートの日本人スタッフ。

 

 

f:id:s-m0214:20161127171415j:plain

現地のカメラマンがつきます。

 

 

f:id:s-m0214:20161127171420j:plain

ウェディングケーキ登場です。日本と比べるとシンプル!

 

 

f:id:s-m0214:20161127171424j:plain

家族写真。

 

 

f:id:s-m0214:20161127171429j:plain

新郎のスピーチ。挙式は淡々と進みます。日本のように、いろいろなイベントは組み込まれておりません。淡々と進み淡々と終わっていきます。そういう意味では、日本の結婚式では涙する場面も多々ありますが、今回のバリ島での海外挙式にはありませんでした。ぼくらは日本で結婚式を挙げ、結婚式の準備で大変な思いをしましたが、両親への手紙、新郎新婦お互いへの手紙もあり、もちろん余興や友人スピーチも、笑いあり涙ありの大変思い出に残るものでした。海外挙式も憧れますが、日本の挙式も良いところはいっぱいありますね。

 

 

f:id:s-m0214:20161127171432j:plain

淡々と挙式はおわり、食事会までの待ち時間に日の入りを迎えました。インド洋に沈むバリ島の夕日です。水平線に沈む太陽はきれいでした。ちなみにアヤナリゾート内の芝生から眺めております。

 

 

 

f:id:s-m0214:20161127171436j:plain

食事会会場は、アヤナリゾート内のレストラン『サミサミ』で。ここからは挙式に関わるスタッフもついているわけではなく、完全にフランクです。準備をしない弟の性格もあってか、ノープランで始まりました。

なんと、両親の挨拶も行っていなかったので、急遽この場で行うことに。(準備してなさすぎ)。

それでも、弟たちのために日本から遠い所多くの友人が集まり、愛されているのだなと実感しました。遠い所来てくれてありがとう。

 

 

f:id:s-m0214:20161127171440j:plain

さすがアヤナリゾート。料理は美味しかったです。

 

 

f:id:s-m0214:20161127171443j:plain

何の料理家は忘れてしましました。お酒も入ってたし。

 

まとめ

バリ島海外挙式は淡々と進む。

夕方は意外と寒い。

日本の挙式ほど、結婚式プランナーさんが面倒をみてくれるわけではないので、食事会の段取りも考えておいたほうがよかった。

呼んでくれてありがとう。

いつの間にか弟がおとなになっていたのに気付かされました。そして、弟の友人がおじさんになっていたことにも。昔は痩せていたのに。そんな思いを巡らせていたら少し切なくなりました。

広告を非表示にする