読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
岐阜県在住です。夫婦の記録を綴っていきたいです。

赤ちゃんができた⑥市役所へ行って母子手帳をもらう(妊娠9週目)

妊娠

嫁です

 

赤ちゃんができた⑤のつづきです。

 

妊娠9週目、平日休みをとって母子手帳をもらいに市役所へ。

                              

近くの市民健康センターや市の事務所でも受け取りは出来るみたいですが、私の場合、結婚を機に住民票を移した際にマイナンバーの通知カードの発送時期で、手元にまだ届かずマイナンバーの住所変更が出来ていなかったたため、この機会に住所変更を市役所で同時に行うことに。市役所の市民課へ行きマイナンバーの住所変更をし、子ども支援課へ行き母子手帳をもらってきました。

 

市民課へ行ったとき、市民課のお兄さんに変更の手続きをしてもらっていると、おじさんが途中で割り込んできて怒っていました。

お兄さんと私か話しているのにも関わらず、自分の話を進めてくるとんでもない割り込みでお兄さんが受付番号でお待ちくださいと促すも、聞き入れず見かねた私がお先にどうぞ私が待つので話してくださいと言い話してもらいました。

内容は、住基カードが有効期限があり、次はマイナンバーにしか変えられないがマイナンバーは情報が洩れる、信用してない、何とかしろでした。それも何とも出来ないとお兄さんが困っているとほかの受付はいないのかといい、もうすぐ出勤してくるがまだ今はいない(この時点で朝8時50分ぐらい)事を伝えると、この税金泥棒と言い捨て帰っていきました。まだ朝9時前できっと臨時の方とか揃う前の時間帯だったと思うので少ない人数で効率よく回していると思ったし、マイナンバーも国からの代理業務だと思うのですが、罵声を浴びせられかわいそうでした。市役所の方って大変ですね。(周りのことを考えず感情的に周りの人に迷惑をかける人、本当に困りますね:旦那より)

 

私は普段なら割り込んで内心気分が悪いと思うはずですが、お腹に赤ちゃんがいるのかおおらかな気持ちでお先にどうぞ話してくださいと心の余裕が生まれ、心境の変化!?もあり自分自身驚きでした。マイナンバーの住所変更自体はすぐに終わり、つづいて子ども支援課へ

 

母子手帳を貰うには病院から貰う妊娠届出書を記入して提出します。

f:id:s-m0214:20161202021331j:plain

下半分はアンケートになっています。

 

貰えた母子手帳はこちら。

f:id:s-m0214:20161123212851j:plain

母子手帳いわさきちひろデザイン、B5で大きめなサイズでした。

他に、ぎふっこカード(子供がいる世帯に配られているカードでお買い物をしたときに割り引きなどサービスが受けれる)、マタニティマークキーホルダー、シール、いろいろな本を貰いました。病院でも貰い、市役所でも貰い、読んでない冊子が家で山積みに。妊娠すると、たくさん勉強することがあるんだと実感。。。

スムーズに母子手帳をもらえて一安心で帰ってきました。

f:id:s-m0214:20161123212933j:plain

f:id:s-m0214:20161123212944j:plain

 

 

話は変わりますが、このころは、食生活にも変化が出てきました。

野菜中心の料理で、肉がメインの食事はもともとあまり出してなかったのですが、脂っこいのが嫌なのかさらに作らなくなりましたし、食べなくなりました。

むかむかしているので、さっぱりしたものが食べたいと思い、もずく酢やわかめの酢の物をよく作るように。肉好きの人にとってはかわいそうな食事です

 

また、もともと好きなお寿司が食べたい欲求があり、旦那さんがごはんいらない日はいなり寿司を買ってきて食べたり、回転寿司に行きたいと言ったり。刺身も食べたい欲求が汗。生ものはあまり良くないのですが、どうしても食べたくなってしまいます。

 

あと、お風呂に入るのがつらくなってきました。今までは1時間お風呂入っていても平気でしたが、長く湯船に浸かることができず、10分ぐらいで動悸や息切れがするように…。おかげでゆっくりできずすぐに出ることになりました。

 お腹の赤ちゃんが長湯はのぼせるから嫌がってるんでしょうか…

 

つづく