読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
岐阜県在住です。夫婦の記録を綴っていきたいです。

インフルエンザの予防接種を受ける 赤ちゃんができた⑨(妊娠12週目)

妊娠

嫁です

赤ちゃんができた⑧のつづきです。

 

先日の定期健診で、検査結果で問題があれば病院から連絡があるとのことでしたが、この週までなにも連絡なくホッと一安心。

また、常時むかむかしていたのが減り、吐き気が来てもなんとか我慢すれば止められるようになり、顔のおでこと顎にぶつぶつが出来ていたのですが、それも引いてきてつわりがそろそろ終わりになってきたと感じられました。

 

また、12週目になったということで、インフルエンザの予防接種を受けてきました。インフルエンザの予防接種は打ってはダメと思っていたのですが、主治医が許可すればいいとのこと。産婦人科の先生に予防接種を打っていいのか聞いたところ、12週を過ぎていればオッケーとのことでした👌

 

インターネットでも打っていいのか調べてみました。インフルエンザの予防接種のワクチンは死んでいるウイルスを体に入れるので毒性はない。妊娠中に予防接種を受けても母体、胎児への影響は極めて少ないとのことでした。

極めて…という書き方が気になりますが、そもそも妊婦は普通の人より体力が低下し、風邪などにかかりやすくなるそうです。

そもそも接客業の私は、不特定多数のお客様と接客します。マスクはしているものの、どこで感染するかわかりません。

もしインフルエンザにかかってしまうと、妊婦はほとんど薬が飲めません。インフルエンザの特効薬であるタミフルリレンザが飲めないとなるとかなり苦しむことになります。もし重症化しても薬が飲めないとなるとこちらのほうが危険だと判断して予防接種を打つ決意をしました。

予防接種は普段通っている産婦人科の病院ではなく、外部の病院で受けたのですが、お医者さんに妊娠中であることを伝え、主治医にも許可を得ている旨を伝えると、やっぱり打たないより打ったほうがいいよねと話してくれました。打ったほうがリスクが少ないと判断した私と同じ意見でした。

これでインフルエンザ対策もばっちりです。(接種したのは11月半ば)

効果が出るのは1か月後のようで、流行前に打つことが大切だそうです。

 

つづく。