読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
岐阜県在住です。夫婦の記録を綴っていきたいです。

5か月目定期健診 赤ちゃんができた⑯(妊娠19週目)

妊娠

嫁です。

 

5か月目の定期健診がやってきました。

一か月ぶりに会える赤ちゃんに旦那さんとわくわくしながら病院に行きました。

いつも通り、尿検査と体重血圧測定をすると…

体重が大幅に増加…一か月前から2.4キロも増加していました。

つわりが終わり食欲も沸き、年末年始でご馳走を食べたので仕方ないかもしれませんが、簡単に太っていてびっくり。血圧も少し上昇しました。気を付けなければいけませんね。

 

つづいて診察です。先生は、前回の先生が良かったのですが、助産師との面談があるということで先生を選ぶことができず違う先生でした。

 

早速エコーで赤ちゃんを診ます。

エコーに映った赤ちゃんは、後ろを向いてました。

頭と背中しか見えず… 上が頭です。

f:id:s-m0214:20170205144339j:plain

残念ながら性別はわかりませんでした。

恥ずかしくて見せてくれなかったのかと思うことにしました。

 

先生が違う方だったのか赤ちゃんが後ろを向いていたからかはわかりませんが、前回診てくれた先生とは違い、エコーもあっさりとすぐに終了。

少ししか様子を見ることができず寂しい気分になりました。

しかし、赤ちゃんは順調に育っているようで300gだそうです。

私の体重も範囲内に収まっているので問題ないとのこと。

 

つづいて助産師との面談です。

特に困ったことはないかだったり、仕事はいつまで続ける予定なのかを話をしました。

特に決めていない、会社から言われるまで働こうと考えていると言うと、助産師さん曰く、早く仕事をしなくなる(産前休暇や有給を使う)人もいるそうですが、仕事をしなくなるとどんどん体重が増える可能性が高いと言われまさに1か月ですぐ太った私は、なるべくぎりぎりまで仕事をしようと思いました。

また、急に太った事について体重計にはなるべく乗ってくださいと言われました…

 

旦那:体重増えるのはよくないですが、働き者のお嫁さんをもらえて嬉しいです。僕も頑張らないと。

 

今回お会計は、初の0円でした。

最初はお金がかかりがちだと思いましたが、母子手帳をもらった後は、母子手帳についている検診券があるため、比較的負担が少なく済んでいます。ありがたいです。

 

つづいて、この日は病院が開催する妊婦体操にも参加。

5か月過ぎて先生の運動許可が下りると体操をしてもオッケー👌とのことでした。

体操はエアロビクスに近くて、跳んだりすることはないものの、曲に合わせてひたすら30分以上足と手を動かしました。今まで妊婦だから身体を気にして運動しちゃダメ、と思っていましたがこんなに動いていいんだと思いました。

 

助産師さんが妊婦体操の先生なのですが、その助産師さんがつわりについて話してくれました。つわりの終わりは旦那さんの遺伝子が入ってきて拒否反応が出ていたが、ようやく自分が受け入れた状態ですよって。

医学的根拠があるかはわかりませんが、これを聞いてなるほどと思いました。つわりをただ気分が悪い早く終われと思ってましたが、なるほど…確かに旦那さんと私は違いすぎるから拒否反応が起きても当然だと納得。無事つわりが終わって受け入れれたことにも安堵しました。

嫌なものという考え方も旦那さんの遺伝子を受け入れて赤ちゃんが生まれてくるんだから当たり前かぁと思いました、考え方一つですね。

 

旦那:そういう考え方もあるんだ。よくよく考えると、夫婦といえども他人同士。他人同士の遺伝子から子どもができるわけで、生命の誕生ってすごいんだと改めて思いました。

 

つづく

 

広告を非表示にする